新しい事を始めたい方もすでに趣味をお持ちの方も・・・趣味生活応援サイト

カラオケを楽しむ際の注意

昔からずっと親しまれてきている趣味に、カラオケがあります。
カセット式のものから、レーザーディスクのものにかわり、今や通信カラオケが主流となっており、カラオケ業界はめまぐるしい進化を遂げています。
時代にあわせて進化してきたからこそ、今でもより親しまれている趣味の一つになっているのでしょう。
そんなカラオケですが、今はヒトカラといって、一人で行くような方も増えてきました。
その場合は好きな様に歌えば問題ないので省きますが、友達や知り合い等、数名でカラオケに行く時に、注意したほうが良い事があります。
まずひとつは、連続で二曲以上入れない事です。
カラオケは時間が決まっているので、一人で何曲も歌ってしまうと、他の人が歌える機会が減り、あまり印象よく見られなくなる可能性が高いので、順番を守って一曲入れたらすぐに次の人に入力を促すのがマナーの一つであるといえます。
次に、人が歌っている時、必要以上にハモりにいかない事です。
頼まれてもいないのに、勝手にハモりにいくと、歌っている人にとっては、とても邪魔に感じてしまう事が多いようです。
許可を得てハモる場合も、音量は極力おさえて、少なくとも主旋律を歌っている人より声量をおさえて歌うのがコツです。
せっかく楽しいカラオケも、マナーを守らないと、楽しめなくなってしまいますので、十分注意して臨みましょう。
とはいえ、それほど難しい事ではないので、誰でも容易に守れるマナーだと思われます。