メンズ

血管内部は目に見えない【中性脂肪を下げる方法とは】

健康の指標

メディシン

健康診断を受けたあとには、しっかりと診断結果を確認しましょう。最近は、中性脂肪の値が高い人が増えてきています。中性脂肪の値を下げるためには、野菜を十分に摂取することが求められます。一日に一回は野菜を食べましょう。

Read More

血液がドロドロになる原因

飲料

中性脂肪が高いと血液がドロドロになります。血流が悪くなって動脈硬化や脳卒中など命にかかわる病気になります。また心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクが高くなります。中性脂肪を下げるためには油分の多い食事を減らし、外食をしないなどの注意が必要です。また日常的にサプリなどを服用して予防するのも大事です。

Read More

健康の為に必要

ドラッグ

中性脂肪を下げるには食事内容を糖質制限に切り替えたり、一口に噛む回数を30回と決めるなどの工夫をすることによって下げることができます。食事内容の見直しと共に中性脂肪を下げる効果のあるDHA・EPAのサプリも活用してみましょう。

Read More

血管内部は目に見えないが

栄養補助食品

血液がドロドロに

中性脂肪値を計ると言えば、健康診断などで行われる血液検査です。脂肪なのに血液からわかるのは、不思議な気がするかもしれません。内臓脂肪なら、CTなどの断面図を思い浮かべますし、皮下脂肪はつまめばなんとなくわかります。実は中性脂肪は、増えすぎると血液中に大量に浮遊するのです。そのため血液検査をすれば、血液中にどれぐらい中性脂肪が存在するかわかります。いわゆる血液ドロドロと呼ばれる状態かどうかが、数値化されているのです。中性脂肪が多いと、肥満になりますし生活習慣病を引き起こしかねません。私たちの目に見えない血管の中で、大変な悪さをしていることになります。もちろん中性脂肪が少なすぎても困りますが、多すぎるのは問題です。

青魚に含まれる成分に注目

私たちの体内の血液は、常に循環しています。栄養を運び、老廃物を引き取り正常な状態に保とうとしています。血管内では善玉コレステロールが、血管の掃除をしています。これにより血液の流れがスムーズになります。しかし中性脂肪が多くなると、善玉コレステロールが減少します。そうなると血管内にゴミがたまったような状態になり、やがて血管が詰まったり、動脈硬化を引き起こしたりします。たかが中性脂肪と侮っていると、取り返しのつかないことになりかねません。一刻も早く下げる努力が必要です。青魚に含まれるDHAとEPAに中性脂肪値を下げる効果があります。食事だけで摂取することは、難しいのでサプリメントを上手に活用すると良いでしょう。普段の生活を見直し、中性脂肪値を下げる努力をしながら、サプリメントを使うことで更に効果的に下げることができます。